VDI / VHD / VMDKの違い VirtualBoxが対応する仮想ハードディスクのファイルタイプを理解する

VirtualBox(Oracle VM VirtualBox)で仮想マシンを作成するには仮想ハードディスクのファイルタイプを選択する必要があります。

この画面ではVDI、VHD、VMDKがどういったものか分からないため、それぞれの特徴をまとめておきます。

VDI

VDI(VitrualBox Disk Images)は、名前の通りVitrualBoxのデフォルトのディスクフォーマットです。
公式なテストは実施されていないですが、VHDよりも動作速度が速く、ファイルサイズも小さいと言われています。

VHD

VHD(Virtual Hard Disk)は、MicrosoftのHyper-V用のディスクフォーマットです。
バックアップと復元が簡単にできます。

VMDK

VMDK(Virtual Machine Disk)は、VMwareのディスクフォーマットです。
差分バックアップをとることができるためバックアップの効率が優れています。
これも公式なテストは実施されていないですが、VDIよりも動作速度が速いと言われています。

まとめ

VitrualBoxは3つ全てのフォーマットを扱うことができます。
また、QEMUのqemu-img convertコマンドでフォーマットを変更することもできます。
なのでフォーマットはあまり気にせず作成して問題ないです。

公式なテストはされていないですが、実行速度は VMDK > VDI > VHDと言われています。
差分バックアップが取得できるのもVMDKのみですので、そのあたりを気にする方はVMDKを選択するのがよいでしょう。

以上になります。
分かりにくいところや「もっとこうしてほしい」などのご意見がありましたら、ツイッターから連絡いただけると幸いです。
質問に関してもお気軽にお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました